スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.06.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

『MUSIC』 古川日出男/新潮文庫

評価:
古川 日出男
新潮社
¥ 680

きょうだい猫を殺され、鴉に復讐を続ける猫スタバがいる。
猫と意思疎通をはかる技を身につけた少年佑多。走る少女美余。自分の中に女性の和美を作り出した北川和身。それぞれがそれぞれに過ごしているけれど、何となく、はっきりと共通しだすキーワードが‘猫’だ。アーティストのJ1の存在が出てきたとき、全てがそこに交錯する。


えーっとね…。

私、こういうの向いてませんでした。

夫の積読本の中にあった本です。自分で手に取って買った訳じゃない。
買う買う時に、夫に「…大丈夫それ。表紙で買って外さない?」と聞いた。
<だいぶ前に買ったのに、当の本人はまだ読んでない

文学?文芸? そういうジャンルでしょうか?

凄く読みづらくて、しかも冒頭で猫が死ぬ場面がある。
物語の中に、動物が死ぬ(殺される)場面があるの、凄く嫌なんです。
猫は特に。

文章にも登場する人物たちにも好感が持てない。
どうにか44ページ辺りまで読んだとき、どうしてくれようかと思ったけど、
読み始めて途中にするのが嫌いな私。
一気に読んじゃうしかない!と、どうにかこうにか読んだ。

作者が『痛快な小説を書きたかった』とあとがきにも裏表紙にもあるけど
痛快、とは、私は違いました。
大麻を売ってお金を得てるとか、猫の皮を着てるとか、
そういう、文章の一瞬の部分が気になって、濁って。

冒頭あたりの文章が途切れ途切れな感じがして読みにくいのも
タイトルがMUSICからして、言葉を、音符に、音楽に見立ててるのかもとも思いつつ
でも私には音は聞こえませんでした。

前作に『LOVE』というのがあって、それとつながりがあるようですが
読むつもりはないです。
<アマゾン見ると、評価高いですね

何か、読んで疲れました。
一応の達成感はあるのだけど、でも、二度と読まないと思います。

作者の方が、ソウルメイトが猫だといい、それも野良猫だというような方なので
そこに一種の敬意を表して★2つ、かな…。

そもそも、文学?文芸?系、読まない人なので、無理でした。ごめんなさい。


スポンサーサイト

  • 2014.06.03 Tuesday
  • -
  • 17:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

いつでも里親募集中

猫温度計

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 『ムーン・コテージの猫たち』 マリリン・エドワーズ/研究社
    みぃ@住人 (08/18)
  • 『ムーン・コテージの猫たち』 マリリン・エドワーズ/研究社
    ろん (08/10)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    みぃ@住人 (07/31)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    v740gle (07/30)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    みぃ@住人 (07/21)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    にゃむ (07/20)
  • 『猫はバナナの皮をむく』 リリアン・J・ブラウン/ハヤカワ文庫
    みぃ@住人 (07/19)
  • 『猫はバナナの皮をむく』 リリアン・J・ブラウン/ハヤカワ文庫
    わんこ (07/16)
  • 『ダヤンとジタン』 池田あきこ/中公文庫
    みぃ@住人 (07/13)
  • 『ダヤンとジタン』 池田あきこ/中公文庫
    きりん (07/11)

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode