スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.06.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

『思い出のとき修理します』 谷 瑞恵/集英社文庫

恋人に別れを告げられ、それを期に実力だと思っていた美容師としての出世が彼の力だったと知って仕事への意欲も失った主人公・明里は、都会を離れてある町に引っ越した。子供の頃、ある事情でひと時を過ごした、‘祖父母の美容室’だった場所へ。さびれた商店街の斜め向かいには時計屋があり、‘思い出のとき修理します’というプレートが置かれていた。引っ越し早々、その時計屋の主人で同い年の青年と知り合い、彼とともに‘思い出が直される’ことに関わっていく…。

5編ある短編の中、猫が出てくるのは最初の一編だけだけなので、
‘猫本’と呼ぶには、ちょっとあれかも?(^_^;)
でも、その猫の話はとても良かったし、他の短編もいい。

うちにも‘ぱぱ’という名前の猫がいる。
黒猫じゃないし、平仮名だけど。
でも、同じ名前ってことで、とっても親近感。
猫の役どころもよかった。

他の短編も、‘思い出’がテーマだけあって、ほんわかしていいし、
きゅんきゅんする感じもあるしw
これの方が女子向けだからか、タレーランやビブリアよりよかったです。
<ビブリアもタレーランも男子目線だもんねぇ
すっごい展開がある訳じゃないし、元々そういう小説は好きじゃない筈だけど、
これは好き。

辛いだけだった思い出が、ちょっとしたきっかけで‘直されて’
そうじゃなくなるのなら、それは幸せなことだと思う。

記憶と、思い出は違うと思うけど、
どちらも、自分の中で勝手に変換されているものってあるだろうなぁ。
直したい思い出もある。


続編、期待してます。

スポンサーサイト

  • 2014.06.03 Tuesday
  • -
  • 16:24
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

いつでも里親募集中

猫温度計

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 『ムーン・コテージの猫たち』 マリリン・エドワーズ/研究社
    みぃ@住人 (08/18)
  • 『ムーン・コテージの猫たち』 マリリン・エドワーズ/研究社
    ろん (08/10)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    みぃ@住人 (07/31)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    v740gle (07/30)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    みぃ@住人 (07/21)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    にゃむ (07/20)
  • 『猫はバナナの皮をむく』 リリアン・J・ブラウン/ハヤカワ文庫
    みぃ@住人 (07/19)
  • 『猫はバナナの皮をむく』 リリアン・J・ブラウン/ハヤカワ文庫
    わんこ (07/16)
  • 『ダヤンとジタン』 池田あきこ/中公文庫
    みぃ@住人 (07/13)
  • 『ダヤンとジタン』 池田あきこ/中公文庫
    きりん (07/11)

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode