スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.06.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

『黒猫ルーイと猫屋敷の怪』 キャロル・ネルソン・ダグラス/RHブックス・プラス

キャロル ネルソン ダグラス
武田ランダムハウスジャパン
¥ 998

先日の暴漢に襲われた怪我の癒えたテンプルは、隣人のマットから護身術を教わることに。美形で誠実なマットとの交流はいいのだが、背の低いことがコンプレックスなテンプルには人前で裸足でいることが耐え難い。
大家のエレクトラから、キャットショーに出ている友人のメンバーのうちに、おかしな怪電話がかかってくる件の相談に乗って欲しいといわれ、探偵じゃないと云いつつも請け負うテンプル。
テンプルはショーを訪ねるが、沢山の猫と暮らす老婦人の家に行く羽目に。そこで、その電話が老婦人のたわ言ではなく、現実である事を知る。「シュー」と云う、奇妙な音の混ざる怪電話。
悩み相談の電話の仕事をしているマットも、昔の知り合いから、怪電話の相談を受けていて・・・・。
事件が起きて、偶然一緒に行くことになったテンプルは、お互いの相談を受けた家が隣人同士だと知り、猫嫌いな誰かの嫌がらせかと心配するのだが・・・・・・そこへ最悪の知らせが。ルーイにもテンプルにも危険が迫る。


黒猫ルーイ、シリーズ第3弾。
<ここから出版社の社名が変わった模様

これまでの中では、一番面白かった。
マットのことが少し判ったり、モリーナ警部のことも。

ルーイも、自分がしてきたことの現実を突きつけられたりね(^^;

元恋人マックスのことは、何だろう、凄く正直に云うと、「興味がわかない」ので
何かが判っても、ふーん、ぐらいなんだけどね。
<しかもそれが本当だとは信じてない部分も多々

テンプルも、こういうタイプだったんだーと意外な感じ。
まぁ、仕事柄、人にずばっと何かを聞く人なのかもね。
私だったら、気になってもあんんあにずばずば聞けないわー。

サプライズっぽいのは、自分は全然好きじゃないんだけど、
誰かを喜ばせようとする気持ちが微笑ましいなと、初めて思えた。

話としては面白かったけど・・・・・・でも、★つけるとしたら4つ。

ネタバレだけど、猫が酷い目に遭うのは、ほんとにほんとに嫌なんです。
小説の中でも、ほんとに嫌。
ミステリなんて、誰かが死ぬ話を好んで読んでるくせに、
動物が、特に猫が、酷い目に遭ったりするのは、ほんっと嫌で。
<年配者が虐げられたりするのも嫌だけど

だから、同じように嫌な人は読むのに要注意です。

スポンサーサイト

  • 2014.06.03 Tuesday
  • -
  • 18:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

いつでも里親募集中

猫温度計

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 『ムーン・コテージの猫たち』 マリリン・エドワーズ/研究社
    みぃ@住人 (08/18)
  • 『ムーン・コテージの猫たち』 マリリン・エドワーズ/研究社
    ろん (08/10)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    みぃ@住人 (07/31)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    v740gle (07/30)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    みぃ@住人 (07/21)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    にゃむ (07/20)
  • 『猫はバナナの皮をむく』 リリアン・J・ブラウン/ハヤカワ文庫
    みぃ@住人 (07/19)
  • 『猫はバナナの皮をむく』 リリアン・J・ブラウン/ハヤカワ文庫
    わんこ (07/16)
  • 『ダヤンとジタン』 池田あきこ/中公文庫
    みぃ@住人 (07/13)
  • 『ダヤンとジタン』 池田あきこ/中公文庫
    きりん (07/11)

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode