スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.06.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

『猫は密室でジャンプする』 柴田よしき/光文社文庫

猫は密室でジャンプする
猫は密室でジャンプする
柴田 よしき

猫探偵・正太郎の冒険1

『ゆきの山荘の惨劇』、『消える密室の殺人』と出てるのに、「正太郎の冒険1」。
前2冊が角川文庫から出ているのに、光文社文庫に変わったからか、
単に「正太郎の冒険」というサブタイトルで新シリーズなのかなと思う。

短編が6編なのだけど、正太郎目線で書かれているのは半分の3編。
最初がいきなり人間目線の短編なので、今までの正太郎シリーズとは
かなり印象が違うなぁと感じる。
<柴田よしきさんの他の作品読んでないので・・・。あ、金田一耕助パスティーシュ短編
<みたいなのは読んだけど

読んでる間は、「何かこーゆーのは正太郎シリーズっぽくないよー。やだなー」
とか思ったりもしたのだけれど、
6つを読み終えてみると、「他の一般人(?)から見る正太郎」と言うパターンは
面白かったなぁと思う。
何より、‘浅間寺のおじさま’が出てきてるのが嬉しい(^^)
消える密室〜には出てこなかったんだもん・・・。

最後の『正太郎と田舎の事件』が、これまでと同じ感じの正太郎ミステリらしいもので
一番好き。他2編、何か正太郎の喋り方が前とちょっと違う感じがした。
最初の『愛するSへの鎮魂歌』は、ストーカーってこういう思考なのかなぁと
ほんと気持ち悪い。

ノベルズであと2冊出ているので、とんとんと文庫化して欲しいな。

スポンサーサイト

  • 2014.06.03 Tuesday
  • -
  • 18:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
名前・正太郎(雄猫)、毛色・八割黒に二割白(長めの毛足)、飼い主・桜川ひとみ(ミステリー作家)、住まい・琵琶湖近郊、友犬・サスケ、特技・推理―。長編『ゆきの山荘の惨劇』『消える密室の殺人』(角川文庫)で鮮烈に登場した猫探偵の六つの事件簿は、こだわりや仕掛け..
  • 死にぞこないの日常
  • 2006/01/29 10:25 AM

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

いつでも里親募集中

猫温度計

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 『ムーン・コテージの猫たち』 マリリン・エドワーズ/研究社
    みぃ@住人 (08/18)
  • 『ムーン・コテージの猫たち』 マリリン・エドワーズ/研究社
    ろん (08/10)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    みぃ@住人 (07/31)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    v740gle (07/30)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    みぃ@住人 (07/21)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    にゃむ (07/20)
  • 『猫はバナナの皮をむく』 リリアン・J・ブラウン/ハヤカワ文庫
    みぃ@住人 (07/19)
  • 『猫はバナナの皮をむく』 リリアン・J・ブラウン/ハヤカワ文庫
    わんこ (07/16)
  • 『ダヤンとジタン』 池田あきこ/中公文庫
    みぃ@住人 (07/13)
  • 『ダヤンとジタン』 池田あきこ/中公文庫
    きりん (07/11)

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode