スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.06.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

『トスカのおくりもの』 絵:アン・モーティマー/文:マシュー・スタージス/訳:木原悦子/講談社

トスカのクリスマス』に続く第2弾。
トスカは誰もいない、一人でいられる静かな場所を探しているのだけど
うちは大掃除で何処へ行っても落ち着けない。
外へ逃げ出して、落ち着ける場所を探すのだけど・・・・・・。


大好きな、アン・モーティーマーの絵本。
数年前に彼女の絵本を見つけて、当時この『トスカのおくりもの』も凄く探したのだけど
ネットでも本屋でも見つけられなかった。
のが、今年、購入できて嬉しい。
<もう一冊『ねんねんネコのねるとこは』が、まだ買えてない(T_T)

本当に猫の絵が絶品。
猫好きなら、ほわ〜(*^^*)となってしまうことうけ合い。

春の季節に外に出ているので、他の動植物の絵も素晴らしいです。
他の猫も登場するし(^m^)
フクロウって、猫と似てると思っていたので、
そのフクロウの絵があるのも嬉しい。

このトスカの絵本の感じって、トラ猫ミセス・マーフィーの世界とだぶる。
<ミセス・マーフィーの小説はどろんどろんだけど〜

トスカの‘おくりもの’に、人間が喜んでいることが嬉しい。
自分も、こういうことを喜べる人間になりたいし、
そういう環境で暮らしたいなー。



『ふねにのったねこのヘンリー』 メリー・カルホーン文:エリック・イングラハム絵:猪熊葉子訳/リブリオ出版

ふねにのったねこのヘンリー
ふねにのったねこのヘンリー
メリー・カルホーン,エリック・イングラハム,猪熊 葉子


ねこのヘンリーシリーズ、第4弾。
「ねこは水がきらいだから」お父さんの言葉に、しっぽを大きく不満気に振るヘンリー。お父さんと男の子が乗るヨットに、こっそり乗り込んだ。2人に見つかって、堂々とヨットを楽しむヘンリー。イルカやクジラにも興味津々。嵐が近づきそうな気配のところへ、大変な事件が!

大好きなヘンリーのシリーズ。
今回も一波乱あって、ヘンリーが大活躍(^_^)
同じシャム猫の有名猫、ココに勝るとも劣らない活躍ぶり。

シリーズのお約束(?)が判っていても、今回ヘンリーはどんなことをするだろうと
楽しみに読めます。

相変わらず、ヘンリーの絵が、凄い可愛い!
ほんと、上手いです。
人間の絵は、相変わらず、可愛くないんだけど(笑)
ヘンリーのしぐさや表情とか、毛が濡れた感じとか、
ほんと上手いな〜と思う。

平仮名が多いから、子供向けなんだろうけれど、
猫が好きな大人が読んで楽しめる絵本じゃないかな。

人気blogランキングへ

『とびねこヘンリー』 メリー・カルホーン文:エリック・イングラハム絵:猪熊葉子訳/リブリオ出版

オンライン書店ビーケーワン:とびねこヘンリー
とびねこヘンリー
メリー・カルホーン文 / エリック・イングラハム絵 / 猪熊 葉子訳

ねこのヘンリーシリーズ。
家族はみんな気球に乗っているのに、まだ乗ったことがない猫のヘンリー。おとうさんがいつも、猫は駄目だと云うので乗せてもらえなかった。
おとうさんが一人で乗ることになったその日、ヘンリーはみんなのすきを見て、気球に乗り込んで飛び上がる。たった一人で気球に乗ったヘンリーは・・・!


ねこのヘンリー、本領発揮!という今回です(^_^)
クリスマスのねこヘンリー』が、冒険がちょっと地味だったのでw
『スキーを・・・』と同じくらいの、わくわくどきどき感いっぱい!
猫の絵も凄く可愛くて好きなシリーズ。

けど、ほんとにうちの猫がこんなことしたら、泣きながら追いかけるよ・・・(^^;

ねこのヘンリーの絵本、私が買った順ではこれが3冊目ですが、
裏表紙の見返しをみると、
「スキー」 → 「とびねこ」 → 「クリスマス」 → 「ふね」
になってます。
<ふねもそのうち購入する予定〜
1986年刊行の復刻らしいです。

人気blogランキングへ

『クリスマスのねこヘンリー』 メリー・カルホーン文:エリック・イングラハム絵:猪熊葉子訳/リブリオ出版

オンライン書店ビーケーワン:クリスマスのねこヘンリー
クリスマスのねこヘンリー
メリー・カルホーン文 / エリック・イングラハム絵 / 猪熊 葉子訳

二本足で歩く猫ヘンリー。
劇に出演する家族の男の子と一緒に、クリスマスの夜に教会へ。そこで劇に出るひつじのボニーと仲良しに。でも、あることにびっくりしたひつじが駆け出して行方不明になってしまった。ヘンリーは一人で友達を探しに!


賢いヘンリーの大活躍!と云いたいところなのだけど
最初の『スキーをはいたねこのヘンリー』に比べると
展開もドキドキハラハラ度も控えめ(笑)
もうちょ〜っと何かハプニングがあった方が盛り上がるかな。

ヘンリーは好きだなぁと思えるいいコ。
猫好きな人のクリスマスには良いかもね(^^)という、猫絵本です♪

ねこのヘンリーシリーズ、となってるようで、
私が持ってるのは、これが2冊目。
他に『とびねこヘンリー』と『ふねにのったねこのヘンリー』
というのがあるようだけれど、今のところ手に入りにくそう・・・。
スキーを・・・の方でも思ったけど、動物は可愛いというか好みだけど
ニンゲンの絵がちょっと・・・です(^^;

人気blogランキングへ

『ねこのせんちょう』 マドレーヌ・フロイド作;木坂涼訳/セーラー出版

オンライン書店ビーケーワン:ねこのせんちょう
ねこのせんちょう
マドレーヌ・フロイド作 / 木坂 涼訳

‘せんちょう’という名の猫。
黒と白の大きな猫の、一日。


黒白のオスは、ぽてっとした大きな猫が多い
というイメージが、私の中ではある。

かく云う、うちの黒白猫の‘秋’も、大きな猫。
8.4kgにまでなっちゃったのを、どうにか7.4kgにダイエットしたところ。
その‘秋’が、この絵本の主人公である‘せんちょう’と似たイメージ。

普通の猫の、普通の一日を過ごしている‘せんちょう’なのだけど
先のストーリーも微笑ましい。
絵も、猫のしぐさをちゃんと見てる人の絵だなぁと思う。
猫好きなら、この本のよさが判るんじゃないかな。
モデルとなる猫が著者近影の下に写ってるけど、本物も可愛い♪

私には、表紙の絵が、あくび寸前の猫の顔の様子に見えて仕方ない(笑)
口吻の辺りが前に伸びてる感じで、目も心もち細まって
猫ってあくび前にこういう顔になりません?w

人気blogランキングへ

『ねこねここねこ』 ブルノー・ホルスト・ブル文;ヤーヌシ・グラビアンスキー絵;前川康男訳/偕成社

オンライン書店ビーケーワン:ねこねここねこ
ねこねここねこ
ブルノー=ホルスト=ブルぶん / ヤーヌシ・グラビアンスキーえ / まえかわ やすおやく

シンプルな文と絵の絵本。

訳者のあとがきを読むと、最初に絵があって、色んな国で色んな人が文章をつけたり
してるんでしょうか。

絵が本当にいいです。
よく見てみるとかなりシンプルなのに、何故かシンプルさを感じさせない。
簡単に描いてある感じなのに、凄く上手くて猫の動きを感じさせる絵。
猫って云う生き物をよく見て、よく知ってる人が描いたのかなと思える。

絵本としては千円って安い方だと思うし、それでこれだけの猫の絵が見られる。
猫好きにはオススメできるものです。
一つだけ、うちの猫に似た猫がいないのが残念!(笑)

人気blogランキングへ

『夏のねこ』 ハワード・ノッツ:作絵/BFC(徳間書店)

オンライン書店ビーケーワン:夏のねこ
夏のねこ
ハワード・ノッツ作・絵 / 前沢 明枝訳

アニーとベンの姉弟の前にある日現われた三毛猫。可愛くて綺麗で、ベンは大好きになって‘りんごひめ’と名前をつけて、可愛がる。けれど猫は毎日現われる訳ではなく、いつも何処かへ帰って行ってしまう。気になったベンは、りんごひめの後をつけ、夏だけ避暑に来ているおばあさんの猫だと知ってしまい・・・。

児童書です。
タイトルからして刹那的なことが思い浮かんでしまう。
どうしてだろう、春だろうと秋だろうと冬だろうと、季節は変わるものなのに
‘夏の’とつくのが、私は一番‘期間限定’を感じる気がする。

好きで好きで仕方なくて、自分の家の猫にしたい猫が、よその猫だと知る男の子。
私からすると、子供側の目線ではなくて、おばあさん側の気持ちになってしまう。
<室内飼い云々のことは、そこは突っ込まずにおいて
だからか、クライマックスでも、泣けるよりほっとする。

児童書らしく、ちゃんとどうするべきか子供が考えて子供が行動する。

欲しいものは何でも強引に手に入れようとするような大人が読んだ方がいいかも。
人気blogランキングへ

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

いつでも里親募集中

猫温度計

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 『ムーン・コテージの猫たち』 マリリン・エドワーズ/研究社
    みぃ@住人 (08/18)
  • 『ムーン・コテージの猫たち』 マリリン・エドワーズ/研究社
    ろん (08/10)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    みぃ@住人 (07/31)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    v740gle (07/30)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    みぃ@住人 (07/21)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    にゃむ (07/20)
  • 『猫はバナナの皮をむく』 リリアン・J・ブラウン/ハヤカワ文庫
    みぃ@住人 (07/19)
  • 『猫はバナナの皮をむく』 リリアン・J・ブラウン/ハヤカワ文庫
    わんこ (07/16)
  • 『ダヤンとジタン』 池田あきこ/中公文庫
    みぃ@住人 (07/13)
  • 『ダヤンとジタン』 池田あきこ/中公文庫
    きりん (07/11)

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode