スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.06.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

『MUSIC』 古川日出男/新潮文庫

評価:
古川 日出男
新潮社
¥ 680

きょうだい猫を殺され、鴉に復讐を続ける猫スタバがいる。
猫と意思疎通をはかる技を身につけた少年佑多。走る少女美余。自分の中に女性の和美を作り出した北川和身。それぞれがそれぞれに過ごしているけれど、何となく、はっきりと共通しだすキーワードが‘猫’だ。アーティストのJ1の存在が出てきたとき、全てがそこに交錯する。


えーっとね…。

私、こういうの向いてませんでした。

夫の積読本の中にあった本です。自分で手に取って買った訳じゃない。
買う買う時に、夫に「…大丈夫それ。表紙で買って外さない?」と聞いた。
<だいぶ前に買ったのに、当の本人はまだ読んでない

文学?文芸? そういうジャンルでしょうか?

凄く読みづらくて、しかも冒頭で猫が死ぬ場面がある。
物語の中に、動物が死ぬ(殺される)場面があるの、凄く嫌なんです。
猫は特に。

文章にも登場する人物たちにも好感が持てない。
どうにか44ページ辺りまで読んだとき、どうしてくれようかと思ったけど、
読み始めて途中にするのが嫌いな私。
一気に読んじゃうしかない!と、どうにかこうにか読んだ。

作者が『痛快な小説を書きたかった』とあとがきにも裏表紙にもあるけど
痛快、とは、私は違いました。
大麻を売ってお金を得てるとか、猫の皮を着てるとか、
そういう、文章の一瞬の部分が気になって、濁って。

冒頭あたりの文章が途切れ途切れな感じがして読みにくいのも
タイトルがMUSICからして、言葉を、音符に、音楽に見立ててるのかもとも思いつつ
でも私には音は聞こえませんでした。

前作に『LOVE』というのがあって、それとつながりがあるようですが
読むつもりはないです。
<アマゾン見ると、評価高いですね

何か、読んで疲れました。
一応の達成感はあるのだけど、でも、二度と読まないと思います。

作者の方が、ソウルメイトが猫だといい、それも野良猫だというような方なので
そこに一種の敬意を表して★2つ、かな…。

そもそも、文学?文芸?系、読まない人なので、無理でした。ごめんなさい。


『真夜中のパン屋さん』 大沼紀子/ポプラ文庫

開店時間は23〜29時。真夜中に開いているパン屋、ブランジェリークレバヤシ。
いつもニコニコ顔で、パンはまだ修行中の白いコックスーツの暮林と、絶品パンを作る口の悪い美形、黒コックスーツの柳弘基。
半年前に亡くなった、暮林の妻・美和子の異母妹だという希実が現われると、暮林はあっさりと居候を受け入れた。
パンを持ち去ろうとする子供がいたり、パンのデリバリーの客が元ストーカーだったり…。
それぞれが、それぞれに、重い想いを抱えた人間模様。


NHKでやったドラマを見てました。
夫がこの文庫買ったとは知らなかった(笑)
積読の中にあったので読んでみた。

暮林さんはドラマより年上で落ち着いてる人だし、
弘基もドラマだとただの元ヤンなイメージだったけど、小説はこっちのが美形なんじゃん!
小説の弘樹の方が断然好きだ。
弘基がタッキーの方がよかったんじゃ…?
いや、暮林さんは、あれはあれで合ってたけども。

この本を読む前に、あまりに雑なものを読んでしまったので、
これを読んでなんだかほっとした。

猫本とするには、猫が出てくるのはほんのちょっとなんだけど、
そういえばドラマでもちゃんと猫いたなぁ。
‘ぞうきんのような汚い模様の猫’と評されてるけど
これは多分サビ猫のことだろうと思うと、出てきて嬉しい(笑)

ドラマで見ていたエピソードが殆どだったのだけど、
文章で読んで、より深まった感じ。

わたしも小中と苛められた期間があったから、
希実ちゃんの思う感じは判る。
仲良くしてた筈の相手が、ある朝から豹変するんだよね…。
彼女ほど強くなれなかったなぁ。

織絵ちゃん以外はみんな好感もてる。
<斑目さんもねw
自分では買わないけど、夫がつづきを買ったら読みます。

『珈琲店タレーランの事件簿3 心を乱すブレンドは』 岡崎琢磨/宝島社文庫

珈琲店タレーランの事件簿シリーズ、第3弾。

主人公の僕アオヤマが通い詰める珈琲店タレーランのバリスタである美星が、関西のバリスタの頂点を決める大会に出場することになった。アオヤマは大会に向けて美星をサポート。いざ大会に来てみると、過去に何やら事件があったらしく、それに関して誰もが口を閉ざしてしまう。そして、異物混入事件が起き、美星が疑われてしまう。

猫本とするには、猫のシャルルはほんのちょっとしか出てこない(^^;

これまでで、一番読みやすかった。

1も2も、何というかぎくしゃくしてるというかぎこちないというか
話としてスムーズさなくて読みにくかったんだけど
今回は、自分がパターンに慣れたのか、この著者の文章に慣れたのか
読みやすかったです。
これまでのが、短編含みの感じだったのが、今回は長編なので
そのせいもあるかも。

アオヤマも、なんか嫌な感じがあってこれまで嫌いだったんだけど
今回はそうでもない。普通、くらいに格上げ(笑)
アオヤマがそんな感じなので、美星さんとの中は進まなくても全然苛々しない。
むしろ進まない方がいいわw

話的には、あんまりどんでん返しは感じないです。
ああ、うん、そうだよね、な。

次も出たら読むと思う。


『猫町』 萩原朔太郎 /kindle版

相当な方向音痴の主人公が道に迷い、たどり着いた町。

読んでいて、注文の多い料理店を思い浮かべた。
あと、千と千尋〜とか。


私も、結構な方向音痴。
左に行かなきゃならないところを、確信をもって右に行って迷う。

方向音痴だと自覚があるから、一人で初めて行く場所の時は
何度もネットで地図を見て、イメージして行っても迷ったりする。
その場でケータイとかで地図を見ても、判らない。


猫が町を作ったら、確かに静かだろう。
猫が嫌いな人は、発情期の鳴き声とかしか思わないだろうけど、
普通、猫はかなり静かだ。
そりゃ仔猫のうちは鳴いたりなんだりするけど、大人の猫になれば、静か。
大きな音は嫌いだし、自分自身も大きな音を立てないし。


でも、猫町は、自分が行ったら、やっぱり怖いと思うだろうなぁ(^_^;)

続きはネタバレ。
白字で伏せます。


『透明猫』 海野十三/kindle版

主人公の青二は父親へ夕食の弁当を届けに行った帰り道、不思議なものを目にする。
目玉だけが見え、「にゃーお」と声は聞こえるが、姿が見えない猫。
元々猫好きで、先日までミイという猫が家にいたのだけど、近所の犬にかみ殺されて散々泣いた青二は、その見えない猫を拾って帰るのだけれど…。


短編です。

初めてkindleで購入…というか、0円だったので
買ったという訳じゃないね(^_^;)
初めてkindleでダウンロードして読んだ本。

面白かった!
気軽に読める感じです。

あれ、そういう方向に行くんだ!?と意外だった。


でも、猫の足を縛るのはいただけないなぁ…。

『珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る』 岡崎琢磨/宝島社文庫

珈琲店タレーラン事件簿シリーズ、第2弾。

京都のとある場所にある、純喫茶タレーラン。主人公‘アオヤマ’は、相変わらずタレーランに通い続けているが、バリスタの美星とはとりたてて進展はないまま。
美星の親友・晶子の姉の件の謎を解いて見せたり、美星の推理力も相変わらずだ。姉妹…というところから、突然、美星には美空という妹がいて、彼女が京都に訪ねてくるから会ってみないかと美星に云われ…。妹・美空は美星とは見た目も外見も違い、元気で明るくさばさばとしたタイプでロックバンドをしている。会いたい人がいて京都に来ているのだが、美星にははっきりとは云わない。そのことが事件へとつながっていく…。


夫が買ってるシリーズ。

お店にいる猫がちらちらと出てきます(笑)
ほんと、時々ね(^_^;)

一作目の最後で、本名で呼ぶようになっていたのに、結局また‘アオヤマさん’に戻っている。

前作でもそうだったのだけど、どうーーーしても、この主人公アオヤマが、
やっぱりあんまり好きになれない。

美星さんは好きなんだけど。藻川のおじちゃんもね。
勿論、猫のシャルルも。
だから、今回も主人公以外のキャラで★をかせいでる感じ。

カフェオレ、なのに、ミルクティー飲みながら読みました。


つづきはネタバレ混じりです。


『消えたカマンベールの秘密』 エイヴリー・エイムズ/赤尾秀子訳

チーズ専門店シリーズ、第3弾。

プロヴィデンスの町は冬祭り。祭りにも出店するために、シャーロットは実店舗とそちらの準備とで忙しい。なのに、従兄弟のマシューは、以前シャーロットを捨てていなくなったチップを見かけたと云うし、亡くなったシャーロットの両親を知っているという女性・ケイトリンが現われ、町のあちこちの土地を手に入れようとしているらしい。シャーロットの店の従業員・レベッカの恋人であるイポの隣りの土地を購入して、イポと同じ職業をしようとしていると聞き、レベッカはケンカごしだが、シャーロットは彼女から亡き両親の話を聞きたいと思っていた。
しかし、そのレベッカの家で、彼女が殺されているのが見つかって・・・!


多分、いつか出てくるんだろうなーと思っていた、元婚約者、でてきましたよ(笑)
で、お約束のように、よりを戻そうとしつこくされる。
コージーミステリの決まり事でしょうか、このパターン(^_^;)

今回、主要登場人物に何だかイラッとする。

まず、これまで嫌いじゃなかったレベッカに腹が立つ。
恋人の無実を信じての行動とはいえ、シャーロットに頼んでばかりってどうなの。

シャーロットもシャーロットで、お店を開いている自覚が薄くないのかなぁ。
そんなにお店放り出して探偵ごっこしてていいの?
最後にアーソに云われることはもっともなことで、そんなんじゃ余計に
‘救世主きどり’って云われちゃうよ…。

話の展開は面白かったけど、キャラクターに苛々させられたので、
★3つ。

ラグズは、犬と仲良くなってるようで、それは良かったよ(笑)
Check

| 1/47PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

いつでも里親募集中

猫温度計

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 『ムーン・コテージの猫たち』 マリリン・エドワーズ/研究社
    みぃ@住人 (08/18)
  • 『ムーン・コテージの猫たち』 マリリン・エドワーズ/研究社
    ろん (08/10)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    みぃ@住人 (07/31)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    v740gle (07/30)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    みぃ@住人 (07/21)
  • 『うちのネコが訴えられました!? 実録ネコ裁判』 山田タロウ/角川書店
    にゃむ (07/20)
  • 『猫はバナナの皮をむく』 リリアン・J・ブラウン/ハヤカワ文庫
    みぃ@住人 (07/19)
  • 『猫はバナナの皮をむく』 リリアン・J・ブラウン/ハヤカワ文庫
    わんこ (07/16)
  • 『ダヤンとジタン』 池田あきこ/中公文庫
    みぃ@住人 (07/13)
  • 『ダヤンとジタン』 池田あきこ/中公文庫
    きりん (07/11)

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode